液状化対策のために必要な工事の特徴を確認

液状化対策の工法3種類と1つの試験!住宅を襲う自然災害ランキング

住宅に忍び寄る危険

自然災害によって、住宅は大きなダメージを負ってしまうことがあります。その為、自然災害に対する、しっかりとした対策が必要となってくるのです。まずは、自然災害について勉強することから始めましょう。ランキングを参考にするのがおすすめです。

住宅を襲う自然災害5選

no.1

地震

最も住宅に大きなダメージを与えてしまう自然災害として挙げられるのが、地震です。場合によっては住宅が倒壊してしまうこともあります。住宅を購入する場合には、構造にこだわるようにしましょう。頑丈な構造の住宅なら、地震に耐えることも可能と言われています。発生する頻度も多いので、特に注意が必要な自然災害なのです。液状化対策なども施しておきましょう。

no.2

強風

台風や竜巻などによる強風によって住宅が被害に遭うことも多いのです。強風による住宅への被害は2番目に多く、十分な対策が必要となってくるでしょう。屋根などが飛ばされてしまわないように注意します。屋根にダメージを負うと、雨漏りなどをしてしまうからです。住宅の劣化が進んでしまう原因ともなります。強風への対策も必要でしょう。

no.3

土砂

土砂が崩れてきたり、地滑りを起こしてしまうこともあります。大雨などによる影響を受けることが多いでしょう。事前に住宅周辺の地盤を調査しておくようにします。新築の住宅を建てる場合は、入年に地盤調査を行うようにしましょう。地盤がゆるくなっている場所に住宅を建てるのは危険です。末永く安心して暮らしたい人は、地盤にもこだわっておきましょう。

no.4

大雪

積雪量の多い地域では、大雪による被害を受けることも多いのです。住宅の構造が弱いと、雪に押しつぶされてしまうこともあります。住宅の強度をチェックしておくようにしましょう。また、新築住宅を建てるなら、屋根に積もった雪を落としやすくするのも大切です。さらに、屋根に雪がつもりにくく設計すると良いでしょう。住宅の安全を守れるようになります。

no.5

洪水

大雨によって洪水の被害に遭うことも多いでしょう。床下浸水や床上浸水といった被害が5番目に多いのです。河川から近い住宅は警戒が必要となるでしょう。できるだけ浸水しないような工夫が必要となります。浸水してしまうと、住宅の内部が劣化してしまうこともあるでしょう。新築住宅を購入予定の人は、立地も確認しておきましょう。

液状化対策のために必要な工事の特徴を確認

作業員

室内での試験

液状化対策を施す場合、土質のチェックも行います。土によって、液状化しやすものと、しにくいものがあるからです。基本的に土質の試験は室内でも行えます。室内土質試験によって物理的、力学的な性質を知ることができるでしょう。液状化しやすいかどうかも分かるのです。液状化対策を施す上で、とても大切な情報をゲットできます。

建物の下から圧入

一般的に液状化対策をする場合、アンダーピーニング工法を用いるでしょう。これは、建物の重量を使って鋼管杭を圧入する工法です。地中の支持層まで鋼管杭を圧入することができるので、とても高い効果を発揮します。建物の下に潜り込むことによって、建物自体の重要も活用できるのです。とてもポピュラーな工法と言えるでしょう。

グラウト材を積み重ねる

グラウト注入工法と呼ばれる工法では、基盤の支持層までグラウト材を注入します。支持層から注入したグラウト材を積み重ねていくのです。硬化させたグラウト材をリフトとして使います。また、リフト盤と支持地盤の間にグラウト材を注入することによって、高さの調整も可能となります。しっかりとした地盤をつくることができるのです。

地盤に樹脂を注入する

コンクリートの床に開けた穴から、ウレタン樹脂を注入する工法もあります。ウレタン樹脂注入工法とも呼ばれており、地盤の耐久性を大幅に高めることが可能です。より安全に生活できる住宅を建てることができるようになります。軟弱地盤に樹脂を注入することで、圧密を強化することができるのです。傾斜した住宅も水平にすることが可能です。

住宅にあった工法を選ぶ

いくつかの工法がありますが、大切なのは住宅にピッタリな工法を選ぶことです。工法の種類が分かれば、正しく選べるようになるでしょう。まずは、工法の種類を把握するようにします。